マリンスポーツといえばウエイクボード?

マリンスポーツといえばウエイクボード?

マリンスポーツウエイクボードは、1990年代の後半頃からじわじわと流行り出しており、2008年頃から急激に人気が高まったマリンスポーツとして知られています。
まだまだ、メジャーとは言いがたいマリンスポーツウエイクボードですが、大会も毎年行われていることからも、競技者も増えて、現在は1万人ほどいるのではないかとされています。
河口湖や山中湖がマリンスポーツウエイクボードの大会開催地となっているために、必ずしも海で行われるというわけではありません。
マリンスポーツウエイクボードは、どんなスポーツなのか、言われただけでは分からない人も多いと思いますが、水上版のスノーボードとして想像してもらえれば分かりやすいでしょう。
水上スキーのようにモーターボートを利用して引っ張ってもらう水の上を滑るスポーツですが、マリンスポーツウエイクボードの場合は、ジャンプやスラロームといった技を競い合うのが基本となっています。
一人あたり、だいたい一回滑るときは時間は10分から15分ほどとなっており、初心者の場合はモーターボードを引っ張るスピードは、20kmから30km、上級者で30kmから35kmほどとなっています。
マリンスポーツウエイクボードを楽しむに当たって、必要な道具というのもありますが、どんな道具が必要で、どこでそろえることが出来るのかというと、マリンスポーツ用品を取り扱っているショップを中心に、店舗やオンライン通販などで取り扱いが行われているため、比較的に誰でも簡単に道具をそろえていくことが出来ますが、初心者ならまず店舗で色々と聞いてみると良いでしょう。
必要な道具は、主に3点あるのですが、一つはウェットスーツで、もう一つは、重要なボード(ウエイクボード用)になり、最後にライフジャケットです。
ライフジャケットがあったほうがいい理由はやはりマリンスポーツですので、万が一、モーターボードなどから投げ出されたりしてしまったときなどに、いきなり水に沈んでは、体が冷えて動かせなかったりして危ないです。
ライフジャケットは必ず用意して置くようにして、マリンスポーツウエイクボードを楽しむようにしましょう。
初心者でも滑れるかどうかといった点もですが、人によっての個人差は当然ありますし、慣れれば1日で滑ることを楽しめるようになります。
こればかりは、初心者でも滑れると断言できないのはマリンスポーツでウエイクボードだからです。
まずは、本格的に始めたいのでしたら、スクールに入ってみると良いでしょう。

関連ページ

マリンスポーツといえばサーフィン?
マリンスポーツというと、何が思い浮かびますか?有名なのはサーフィンやダイビングですが、他にもジェットスキーやシュノーケリングなどたくさんあります。ここでは、マリンスポーツの種類とその楽しみ方を紹介しています。
マリンスポーツといえばジェットスキー?
マリンスポーツというと、何が思い浮かびますか?有名なのはサーフィンやダイビングですが、他にもジェットスキーやシュノーケリングなどたくさんあります。ここでは、マリンスポーツの種類とその楽しみ方を紹介しています。